太陽光発電とソーラーパネルについて

太陽光発電で利用する設備と言うと、屋根の上に設置するソーラーパネルがまず必要となります。


ソーラーパネルは、太陽電池モジュールと呼ばれる事もありますし、セルと呼ばれる事もあります。


いずれも同じ設備機器の事を意味しているのですが、ソーラーパネルは、太陽エネルギーを、電気エネルギーに変換させる役割を持つもので、太陽光発電の設備の中では発電を行う大切な設備でもあるのです。

ソーラーパネルは、屋根の大きさなどに応じて、設置が可能になる枚数が限られてきます。

これは普通の乾電池と同じで、多くのソーラーパネルを、屋根に設置することで、発電できる電気の量は増えていきます。


乾電池は、1本あたり1。

5V(。はコンマ)と言う起電力を持ちます。

これを並列に10本接続すると、起電力は15Vになります。これと同じで、太陽光発電のソーラーパネルは、1枚よりも2枚、9枚よりも10枚と言う具合に、数を多く設置した方が、発電できる電気の量は増えていくのです。

しかし、枚数を多くする事で、屋根には重量というものが掛かります。屋根の多くのソーラーパネルを設置した際に、屋根が潰れると言う事があってはなりませんので、屋根に設置するソーラーパネルの枚数は、屋根が耐えられる枚数でなければならないのです。

また、太陽光発電には、発電においての損失が発生すると言います。

ソーラーパネルは、高温となると、発電効率が下がると言います。

また、屋根の向きや屋根の角度などによっても、本来発電出きる量を十分に発電が出来ない場合もあります。

太陽光発電で、最も適している屋根というのは、南側に向いている屋根であり、屋根の角度が30度になっているものだと言います。この状態の時の発電量を100%とすると、ここから少しずつ方角や角度が変わると少しずつではありますが、発電効率が下がる事になります。

しかし、発電量が下がると言っても、太陽光発電では、複数枚数のソーラーパネルを設置することで、それを補う事も可能になるのです。

http://matome.naver.jp/odai/2132875469962893901
http://www.u-aizu.ac.jp/intro/faculty/undergraduate.html
http://www.ait.ac.jp/gakubu-in/jyo_m.html

1人1人に合ったシステムマイグレーションに有効なサイトの紹介です。

システムマイグレーションを調べるなら最新情報が集まるこちらのサイトがオススメです。

システムマイグレーションを詳しく調べるなら便利なサイトです。

システムマイグレーション情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

太陽光発電の研修についての基礎知識と魅力をご説明しているサイトです。